競馬の重賞徹底解説 G1G2G3の魅力を語りつくす

競馬重賞の魅力を予想で味わおう

競馬で面白いのが重賞レースです。
重賞とはグレードのことで、グレード1、グレード2、グレード3の3つがあります。
多くの競馬ファンが口にする「G1レース」とは、このグレード1のレースのことを意味します。
この重賞レースには多くの強豪馬が出走してきます。
競馬にはクラス分けがあり、JRAの場合、未勝利、500万以下、1000万以下、1600万以下、オープンといった感じで、勝利数や獲得賞金数によってクラス分けがされています。
一部の例外を除き、そのクラスを勝てば一つ上のクラスに上がり、その頂点がオープンで、重賞に出走して来る馬のほとんどはこのオープンクラスに所属しています。
イメージとしては、デビューして4勝程度すればオープン馬となり、オープンでもクラスに慣れて上位を争える馬になれば、将来的に重賞レースを勝てるという期待が高まるということになります。
そんな重賞の中でも最高峰に位置するのがG1レースです。
G1レースは普段馬券を買わない人でもその時だけ購入したりして、多くの人が注目するレースです。
G1レースを何度も制するようになればスターホースになり、多くの競馬ファンに知られる存在になります。
過去にはオグリキャップやディープインパクトなど、ファンを感動させる走りをして人気になった馬も沢山いました。
また、G1レースでは少々力不足の面々が、G2やG3でしのぎを削るレースも見逃せません。
G1では歯が立たないとはいえ、G2やG3レベルまで上がって来ることも競馬の世界では容易ではありません。
従ってそういったレースに馬を出走させてくる関係者は、なんとかして自分の馬に重賞レースのタイトルを獲らせようと必死です。
面白いのは福島や中京といったローカル競馬場のG3のハンデ戦です。
力が拮抗した馬が出走してくることが多いため、ハンデ戦では単勝1倍台の馬にお目にかかることはほとんどありません。
また、力量接近ということはレースでのちょっとしたことが明暗を分けることになり、出走馬のほとんどに勝つチャンスがあるレースと言えます。
従ってレースの検討も困難を極め、頭を悩ませますが、その苦労が実って馬券が的中した時の喜びは格別なものがあります。
また、G3には上り調整の1600万クラスの馬が格下の身ながら出走してくるケースもあります。
力を試すという意図で関係者が出走させてくるので、こういった馬がいるレースはそのレース内容にも注目です。

さて、そんな重賞の馬券を取る事はやはり競馬の醍醐味ですが、更に穴馬を的中させることが出来れば大きな利益につながるかと思います。
無料の穴馬競馬予想を行っているサイトを上手く活用して
高配当の的中を狙いたいですね。